入札する

  • Lot 226
  • ズジスワフ・ベクシンスキ [Zdzisław Beksiński]
  • 1929-2005
  • 作品名なし
  •  
  • 予想落札価格:1,200,000円〜1,700,000円
  •  
  • キャンバスボード・油彩
    88.0×90.0cm(S30号)
    作品裏にサインと'OQ'の記述
    1987年
    額装
    ズジスワフ・ベクシンスキは、ポーランド南東部の街サノクの生まれ。父親の影響から大学で建築を専攻するものの、卒業後は写真へと表現手法を移し、その後立体作品や平面作品も手がけている。晩年にはコンピューター・グラフィックを利用したフォトモンタージュも制作した。ベクシンスキの代名詞とも言うべき、荒涼とした廃墟を異界の住人が闊歩する、世紀末的で幻想的な油彩画が登場するのは、1960年代後半からのことである。
    「私は自分の絵に決してタイトルを記さない」とベクシンスキが語った通り、彼の作品に題名が与えられたことはなく、本オークション出品作品(Lot 226)に付した「作品名なし」は画家の意図を反映している。
    ベクシンスキに対するマーケットの反応は近年目覚しいものがある。この注目すべき作家の作品が日本のオークションに登場するのは今回が初めてのことになるが、日本においても同様の高い評価が与えられる可能性は大きいと言えるだろう。
    来歴:個人蔵(東京)